情報や知識は必要なものだけ選んで見やすい取引環境を

情報や知識は必要なものだけ選んで見やすい取引環境を

投資でお金を増やすならプロに預けて運用してもらう方法もあるのにあえて自分でFXの裁量取引を行うのは、やはりお金が増えるのも減るのも自ら責任を持ちたいという考え方を無意識に持っている人でしょうし、そうしてトレーダーの道を選んだだけでも知識の吸収が早く儲けやすい下地を持っているといえます。
だからすぐにチャートの見方がわかって理想的な取引ができるはずなのですが、必要な知識が頭の中にあるだけでは必ずしも上手くいくわけではないからやがて負けが込んでしまい取引が楽しくなくなってしまうため、そうならないうちに自分の欠点を見つけ出すと大きな負けを経験しないでポジションの裁き方がわかってくると思います。

 

金融工学などの高度なものでなく普通にチャートから情報を分析したり為替ニュースでファンダメンタル分析を取り入れたりするだけなら、普通にデイトレしている程度だとプロとそんなに変わらない環境で為替取引ができますしそれがFXの魅力でもあるのです。
それなのにどこかで差がついてくるのは何故かというと、情報を多く取り入れてそれらをできるだけ取引手法に反映させるという努力をしたほうが勝ちやすいという誤解が多くの人に見られる気がするので、きちんと情報や知識を取捨選択できると少ない労力で勝率と資産がアップするのです。

 

初心者だとチャート画面に色々なインジケーターを表示するのが楽しくて過剰に重ねてしまい、自ら為替の方向をわかりにくくして取引の判断に混乱が生じるということをやってしまいがちだから、まずは自分が取引している系統だけに絞り込むことが重要になってきます。
一見わかりにくいけれど移動平均線から派生したインジケーターというものはたくさんあるため知らない間に似たようなものを同時に表示していることがあり、それらは通常一つで十分だと考えられるのでどれが一番必要かどうかを調べながら排除していくと画面がスッキリします。

 

そうすると今までは為替を見ていたというよりもテクニカル分析を見ていたという間違いに気づき、徐々にFXの本質がわかってくるようになるから誰に教えられるでもなくエントリーやクローズのタイミングがチャートから自然に読み取れるようになるのです。